友達の猛プッシュ

友達の猛プッシュ

脱毛に勤しむ女性
現在仲間に脱毛サロンに誘割れています。

もう現実にすごく疲れています。

まあ別にこの仲間のケースは勧誘が目的ではなく、共に脱毛サロンへと行ってくれらしいです。

一人で行くのがおぼつかないから私の事をしつこく誘ってくるのです。

私は全く脱毛を受ける気がなかったので、「ただの冷やかしみたいだから行きたくない」ときっぱり断ったのですが、友人は必然的に行ってくれみたいです。

ただの連れとしてついてきたら問題ないし、理不尽に脱毛を受けなくてもいいからと本気になって説得されています。

このままでは友人の押しに負けそうです。

私は脱毛に関心が無いと言うわけではないのです。

でも別に必ずに必須でもないかなと思っていて、あまりやるつもりはないのですでした。

でもしつこく仲間に脇脱毛のコースの解説をされて、少々目を惹かれました。

脇脱毛の安さに感銘がありましたし、それに通うのもそんなに大変そうじゃないという気がしました。

あまり時も取られないらしいし、これだったらやってみてもいいかもしれないと思っています。

実際にこの友人の押しっぷりには負けそうになります。

どうやら仲間は必ずに脱毛を受けたいみたいだけど、一人で解説を聞くのが嫌みたいなんです。

一応付き添いとしてついて行って、コースがメリットがあるであれば私も共に脱毛を受けて見ようかなと思っています。

おそらく第二に勧誘されたケースは仲間の押しに負けると考えます。